女を磨く!男性を虜にする小悪魔=「受け身が上手な女」 - モテル女性になる為の恋愛テクニック!

目力二重まぶた術 ⇒ 簡単に二重まぶたを定着させる方法
男性の気持ちを動かす ⇒ 魔法の恋愛メール術!
彼に見えない鎖をかける ⇒ 女の子のセックステクニック

【デリケートゾーン】臭い&黒ずみの元を洗い流すにはジャムウ石鹸



ジャムウ・ハーバルソープはジャムウハーブで作られた全く新しいタイプの石けんです。
女性のデリケートな部分(乳首、乳輪、脇の下、Vライン、デリケートゾーン)など
気になる部分に泡を3分つけて泡パック。
気になる黒ずみや臭いのもとをジャムウがさっぱりと洗い流します。
⇒黒ずみ・臭いのケア石鹸 詳細・購入はこちら

女を磨く!男性を虜にする小悪魔=「受け身が上手な女」

■好きな人をなぜか惹きつけてしまう女

今、巷で話題の「小悪魔」。悪女ではなくちょっぴり悪いというところが、
普通の女の子の魅力をアップさせてくれそうな乙女心をくすぐってたまらないのでしょうね。


「小悪魔」の一文字からは、ちょっぴりワガママで、でもユーモラスで、自分の感情に素直で、
奔放に生きていそうな姿が浮かび上がってきます。男性って、自分にはないものを持っている
女性を選ぶんだろうなあ、とつくづく思います。


もちろんベッドの上でも小悪魔でありたい!好きな人をなぜか惹きつけてしまうような女になりたい!
そう思うのは女の子なら当然のこと。


優位に立ってリードしていたいからといって、女の子が単なる「マグロ」の受け身じゃつまんない。
男が求めているのは小悪魔力もあって、反応がいい女。そう、「受け身が上手な女」ってことね。


■受け身が上手な女

例えばリアクションが「ほんとに、お前ってHだなあ」と呟いてしまうくらい敏感な女だったり、
「えー、大人しそうに思っていたのに、俺の前だとこんなにキュートで色っぽい面があるんだ」
と意外な女などなど


もちろんセックスだって恋愛だって、コミュニケーションのひとつ。相手が違うなら自分の態度を
変えることも女磨く手段の一つ。コミュニケーションに潤いや弾みを与えられるような女でいるためには、
女を磨く日頃の訓練がものをいいます。いつも引きこもって人と接していない人が急に恋愛するなんて、
準備体操もせずに冬の海に飛び込むようなもの。


■シチュエーションを自分で描く!

受け身が上手な女になるための、最もお手軽な訓練は「イメージトレーニング」。様々なシチュエーションを
頭に描き、こんなとき自分はどうする?こんな言葉を言って欲しいから言わせるにはこんなことしてみようかな?とひたすら想像するこれが女を磨くポイント。


その想像の源は映画だったり小説だったり絵画だったり。ちょっと高尚と言われるものなら、
自分のレベルを上げることができますね。自分がなりたい女性が描かれている恋愛映画や
ドラマをみて、そのようなシチュエーションを自分で想像。


普段はコットンのカバーのお布団で寝ていたとしても、想像のなかではリネンのカバーの
キングサイズのベッド。蛍光灯の灯りだって、想像ではロウソクに変身させちゃうのです。
香りだけは身に纏って、想像上の素敵な彼と睦言を言いあいながらベッドに裸で潜り込み・・・。
こんな想像をしているだけでも、ちょっとは性愛スキルがつきそうです。


■反応の良さに彼は燃える

もちろん実際のHの場面でもこの「受け身が上手な女」って結構ポイントが高い。
彼が燃えるのは、相手の反応の良さ。普段は小悪魔的に思わせぶりでも、さらりと
相手を受け流していても、いざベッドの上ではまったく違う意外性を発揮するのです!


Hではいつものようにさらりと受け流すことをせずに、反応の良さを見せれば、
彼は離れられなくなるかも。普段の思わせぶりでさらりとした感じとのギャップに、
きっと男性は引き付けられるのです。


普段もベッドでも「受け身が上手な女」に挑戦してみましょう!

LCから転載しています

都合の良い女からの脱却






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。