時短美容 - モテル女性になる為の恋愛テクニック!

目力二重まぶた術 ⇒ 簡単に二重まぶたを定着させる方法
男性の気持ちを動かす ⇒ 魔法の恋愛メール術!
彼に見えない鎖をかける ⇒ 女の子のセックステクニック

【デリケートゾーン】臭い&黒ずみの元を洗い流すにはジャムウ石鹸



ジャムウ・ハーバルソープはジャムウハーブで作られた全く新しいタイプの石けんです。
女性のデリケートな部分(乳首、乳輪、脇の下、Vライン、デリケートゾーン)など
気になる部分に泡を3分つけて泡パック。
気になる黒ずみや臭いのもとをジャムウがさっぱりと洗い流します。
⇒黒ずみ・臭いのケア石鹸 詳細・購入はこちら

お風呂中の時短美容でキレイをキープ

仕事から疲れて帰ってきたら、さっとお風呂に入ってすぐ寝てしまいたいもの。

でも、お風呂の時間は、スキンケアをする絶好の場所でもあるものです。

でも、そんな時間もないし・・・というのなら、
時短美容でのスキンケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちょっとしたコツで、短い時間にお風呂中のスキンケアができます。


頭皮のケアをすると、お肌のお悩み解消に役立ちます。

なぜなら、顔の肌は、頭皮と1枚の皮でつながっているからです。

頭皮が元気になれば、その下にある顔の皮膚も、生き生きしてくるのです。

頭皮の毛穴は、皮脂や整髪料などが詰まって、汚れているものです。

これは、普段のシャンプーだけではなかなか落とせないものだったりします。

そこで、週に1回、オイルマッサージをして、頭皮の汚れをオフしておきましょう。

オイルを頭皮になじませたら、5本の指を使って、
生え際から頭頂部に向かって、小さならせん状を描くようにして、もみ込みましょう。

そのあとシャンプーで洗い流します。

これで、頭皮にじっとりたまっていた汚れも皮脂も、キレイにオフできます!


頭皮のオイルマッサージに使うオイルは、
アルガンオイルや椿油などの植物性のオイルがおすすめです。

洗い流した後は、頭がすっきりとしているはずです。

頭皮や髪の毛も、すっきりすると同時にしっとりうるおいますよ。


お風呂上りに保湿・・・というのは定番の流れですが、
もっと手っ取り早いのは、お風呂の中で保湿をしておくというもの。

お風呂の中ですぐ、バスルーム内保湿をして、
それから出れば、お風呂上りの乾燥を最小限にできます。

バスルームから出ると、そのときからすぐに肌の水分は蒸発し始めます。

すごいスピードで乾燥していってしまうのです。

そこで、少しでも早く保湿をするために、
バスルーム内で保湿をして、ボディケアをすませてしまいましょう。

バスルームから出る直前の、まだ水滴がお肌に残っている状態に、
ボディオイルをまんべんなくなじませます。

そのあと、タオルでそっと水気をふきとります。

ごしごしふき取るのではなく、やさしく抑えるようにして水気をふき取るのがポイントです。


湿ったお肌になじませることで、オイルの滑りがよくなります。

背中や太もも、おしりなどの広範囲でも、オイルがあれば、カンタンにお手入れできますね。

オイルをのばす前に、肌表面の水分は、軽く手で払っておくと良いでしょう。

水気をふきとるときには、オイルの成分や香りが、タオルに移ってしまうことがあります。

念のために、「スキンケア用タオル」を用意しておくと良いでしょう。


湯船につかっている間も、入浴剤を保湿効果のあるものにして、
お湯につかりながらスキンケアする、というのも時短美容では有効な方法です。

湯船の中でゆっくりくつろいでいるうちに、
体がどんどん温まって、温浴効果で全身をスキンケアできる、という効果があります。

湯船に入りながらのスキンケア、
そしてお風呂から上がる直前の全身のオイルケアのダブルが良いですね!


帰宅後は時短美容でキレイをキープ

一日中仕事をして、ぐったりして帰って来てから、
手間暇かけてスキンケア・・・というのは、なかなか大変なものです。

残業して帰った日は、物理的にスキンケアにかけられる時間も減ってしまいますよね。

深夜でもがんばってじっくりスキンケア・・・というのも考え物。

夜はお肌がリカバリする時間帯なので、
じっくりゆっくりスキンケアをするよりも、
睡眠をとっておいたほうが、美肌になりやすくなるのです。

でも、スキンケアを全くしないと言うのもどうなの? 

というときに、時短美容が役立つのです。


身近にあるもので、仕事から帰ってきた後に時短美容できます。

たとえば、割り箸を使った表情筋エクササイズがおすすめです。


きゅっと上がった口角って魅力的ですよね。

料理やレンジで温める間の時間を利用して、
割り箸を使った時短美容をしてしまいましょう。

上下の前歯で割り箸を軽くかみます。

口角が割り箸のラインよりも上になるように意識して、そのまま30秒キープ。

これだけで、表情筋を鍛えられます。

最初は鏡を見て、口角のラインを確認しながら
割り箸表情筋エクササイズをするようにしましょう。

左右のバランスが整うように意識するのがポイントです。

頬を持ち上げる感覚を、表情筋に覚えさせるのが目的です。

割り箸が左右どちらかに傾いてしまうときは、
かみ合わせに問題があるのかもしれません。


食事が終わって、お皿をあらうときにも時短美容できます。

ハンドクリームはお皿を洗ったあとの保湿に使うものですが、
お皿を洗う途中に塗ることで、時短美容できます。

あらかじめ手にハンドクリームを塗り、その上からゴム手袋を着用します。

これでお皿を洗いましょう。

お湯で洗うと、温熱と密閉効果が得られて、
手に保湿成分が浸透しやすくなります。

手が濡れないので、手へのダメージも最小限にできるし、
さらにお皿洗いで使うお湯を使って温熱効果も出せる。

これは嬉しいです。

手は年齢が出やすい部分ですから、
乾燥しがちな季節は特に、保湿するようにしましょう。


食器用洗剤に含まれる界面活性剤は、手の荒れの大きな原因となるものです。

手にやさしい・・・とパッケージに書かれていても、
なるべくゴム手袋をつけて、洗剤とお水に肌を触れさせないようにするのが大切です。

かわいいデザインのゴム手袋を使えば、家事のモチベーションも上がりますね!


おうちに帰ったらお風呂に入ります。

そのとき、シャンプーの前の1分で、ブラッシングすることで、時短美容できますね。

顔の皮膚は頭皮と1枚の皮でつながっています。

だから、顔のたるみを解消したいのなら、健康な頭皮を保つのがもっとも確実な方法。

シャンプー前の1分間でブラッシングすることで、頭皮の血行が促進されます。

毛先からブラシをかけていきましょう。

髪のからまりをとっていきます。

そして、地肌にブラシをくっつけて、生え際から頭頂部に向かってとかしていきます。

ブラシを振るようにして軽くタッピングをするとよいですね。

また、ブラシの柄を使い、頭頂部のツボ「百会(ひゃくえ)」を刺激するのもおすすめです。

仕事中は時短美容でキレイをキープ!

忙しい仕事中は、ついなりふり構わず仕事をしてしまいがち。

スキンケアをしている時間は、取りづらいものです。

そこで、時短美容でさりげなく、仕事中にスキンケアできる環境にしてしまいましょう。

すぐにできる、仕事中の時短美容のコツについてご紹介します。


オフィスの中は、空調のせいで空気が乾燥してしまいがちです。

そこで、保湿ケアを中心にして、スキンケアするのがおすすめです。

そんなときに活用したいのが、マスクです。

毎日の通勤時間は、マスクを着用しましょう。

これで、口元の保湿ケアができます。

ほうれい線に乳液やクリームを厚めに塗りましょう。

そして唇にはリップクリームや唇用美容液をたっぷり塗布しておきます。

その上からマスクを装着すれば、通勤時間にしっかり保湿できます。

オフィスに着くころには、乾きやすい口元も、ふっくらつやつやになってしまうものです。

そのまま化粧室で口紅を塗れば、メイクののりもよくなります。

朝、おうちにいるときにメイクができなくても、
通勤時間を使ってスキンケアするようにすれば、オーケーですよね!


ちなみに、マスクをつけていると、その中はスチームサウナの状態になります。

スキンケアに活用すると、効果がとても高くなるのです。

つけたまま動き回れるし、お安いので使いやすいです。

そろそろ心配になってくる花粉も、しっかりガードできますよ。

風邪予防にもなります。


仕事中にガムをかむことで、時短美容することもできます。

デスクワークをしていると、そのうち緊張の糸が切れて、
意識を集中できなくなるときがあるものです。

そこで、リフレッシュを兼ねて、ガムを噛んでみましょう。

そのとき、時短美容もできるようにします。

ガムを2粒用意し、左右両方の奥歯で、15分間噛みます。

噛むことであごや輪郭周辺の筋肉を使うことができます。

フェイスラインの引き締めに役立ちますし、ほうれい線対策にもなります!


血行が促進されるので、美肌効果もあるんですよ。

ガムをかむと、唇周辺の口輪筋が活発になります。

口角が上がり、チャーミングな口元になるんです。

右と左、両方にガムを入れて噛むと、左右両方の奥歯で均等に噛めるようになります。

片方だけで噛んでいると顔がゆがんでしまいやすくなるものですが、
両方でガムをかむ習慣をつけておくと、これでゆがみ解消にも役立つようになります。


オフィスでスキンケアをするなら、保湿対策を入念に。

そこで、乳液を一番おすすめします。

エアコンの効いた屋内にずっといると、頬や目元、口元がすぐにかさついてしまいがち。

乾いてるな、と感じたら、保湿効果の高い乳液でお肌をケアしましょう。

乳液を手に取り、両手をこすり合わせるようにして広げます。

そのまま乾燥が気になる部分を軽くおさえるようにすると、なじんでいきます。

これで保湿効果はばっちり。

お肌のうるおいを逃がさないためには、油分でフタをすることがとても大切です。

乳液を使えば、フタができますね。

メイクがよれてしまわないように、強くおさえすぎないようにしましょう。