甘酒ダイエット - モテル女性になる為の恋愛テクニック!

目力二重まぶた術 ⇒ 簡単に二重まぶたを定着させる方法
男性の気持ちを動かす ⇒ 魔法の恋愛メール術!
彼に見えない鎖をかける ⇒ 女の子のセックステクニック

【デリケートゾーン】臭い&黒ずみの元を洗い流すにはジャムウ石鹸



ジャムウ・ハーバルソープはジャムウハーブで作られた全く新しいタイプの石けんです。
女性のデリケートな部分(乳首、乳輪、脇の下、Vライン、デリケートゾーン)など
気になる部分に泡を3分つけて泡パック。
気になる黒ずみや臭いのもとをジャムウがさっぱりと洗い流します。
⇒黒ずみ・臭いのケア石鹸 詳細・購入はこちら

甘酒ダイエットのアレンジメニュー

甘酒ダイエットは、3食のうち1食を
甘酒に置き換えるだけのカンタンなダイエット法です。

甘酒ダイエットを1カ月続けるだけで
2キロはやせられます。

甘酒には食物繊維やオリゴ糖など、
デトックスに効く成分が豊富に含まれているため、
飲み続けることで体内が浄化されて、
ヤセやすく太りにくい体質になれるのです。

市販の甘酒を使ってもいいのですが、
大量のお砂糖が使われていることが多いので、
できれば自作するのがおすすめ。

甘コウジを使って、
おいしい甘酒をつくりましょう。

米本来の甘みがでるので、
砂糖を使わなくてもおいしくつくれるのです。


毎日ストレートで甘酒を飲むのも良いのですが、
ずっと続けていると飽きてくるもの。

そこで、アレンジを加えて、
ずっと楽しめるよう工夫してみましょう。

野菜や果物を加えると、
その食材の栄養も一緒に摂取できるので、なお良いですね。

おすすめのアレンジメニューをご紹介します。


★バナナとヨーグルトの甘コウジドリンク

バナナとヨーグルトは、ダイエットに定番の食材ですが、
ここに甘コウジを加えると最強になります。

バナナには、不溶性食物繊維と
水溶性食物繊維の2種類が含まれています。

腸のはたらきを活性化し、お通じを良くしてくれます。

ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。

甘コウジそのものにも乳酸菌やオリゴ糖が
含まれているので、ダブルで腸内環境を
良くしてくれます。

バナナとヨーグルトと甘コウジをミックスすると、
かなりボリュームがあり、満腹感も得やすくなります。

ダイエット中の夕食がわりにもおすすめです。

★材料(1人分)
・バナナ1本
・無糖ヨーグルト150t
・甘コウジ大さじ1

★作り方
@全ての材料をミキサーに入れてかき混ぜる
Aお水を入れて濃度を調整して、出来上がり


〜ホウレンソウとリンゴの甘コウジドリンク〜

ホウレンソウとリンゴにも、デトックス効果があります。

これに甘コウジをプラスすると、
さらにデトックス力が高まります。

ポイントはリンゴの皮も使うこと。

リンゴの皮にはポリフェノールが含まれています。

よく洗って、皮ごといただきましょう。

排泄機能が高い、朝に飲むのがおすすめです。


★材料(1人分)
・サラダホウレンソウ2束
・リンゴ1/2個
・甘コウジ大さじ1

材料を混ぜ合わせるだけでできます。

この手軽さが嬉しいですね。

忙しい朝でも、
さっと作れてさっと飲むことができます。

毎日続ければ、デトックス効果が出て、
スリムな体型に近づけます!


急激に体重を減らすことはできませんが、
ムリなく長期的に、体のラインを
補足していきたい人におすすめです。




甘酒ダイエットのやり方

甘酒ダイエットは、
とてもカンタンにできるダイエット法です。

まずは材料の用意。
もちろん甘酒を用意します。

そして用意するものは、
とりあえずこれ1つでオーケーです。

甘酒だけの味に飽きてしまったら、
フルーツや野菜をプラスしたりしてもいいでしょう。

とりあえず、ゼッタイに必要なものは甘酒だけです。


甘酒は、どんなものでもいいというわけではありません。

甘酒には、酒粕で作られたものと、
米こうじでつくられたものの2種類があります。

酒粕から作られたものの場合、
市販品は大量の砂糖が使われているので
ダイエットには不向きです。

米こうじからつくられた甘酒は、
米本来の甘みを利用して味付けされているので、
砂糖が使われていません。

ダイエットに効くのは当然、米こうじの甘酒です。

酒粕からつくられた甘酒を使う場合は、
砂糖が入っていないタイプのものを入手するようにしましょう。

酒粕を買ってきて、
水で溶かして混ぜて、自分で作るのでも良いでしょう。


甘酒にはブドウ糖が含まれているため、
満腹感を感じやすいです。
満腹を感じるのは、満腹中枢が
刺激されてからになりますが、
食べ始めてから満腹中枢が
刺激されるまでには30分間のタイムラグがあります。

だから早食いしていると、
つい食べ過ぎてしまいます。

だからゆっくり食べることが大切なのですが、
つい早食いしてしまうクセのある人にとっては、
なかなか大変です。

そんなとき、甘酒を一杯飲んでから食事をすると、
早めに満腹感を得やすくなります。

食べ過ぎを防いで、ムダにカロリーを
摂取してしまうことを防いでくれるのです。


甘酒はお腹のもちがいいです。

また、腸のはたらきを活性化します。

朝ごはん前にいっぱいの
甘酒を飲むだけでも違います。

朝ごはんを甘酒と置き換える、
置き換え系のダイエットにも適しています。

食事にどのようにして組み込むのが
自分にとってベストか、いろいろ試してみましょう。


甘酒ダイエットは一般的には、
このようなスケジュールで摂取する人が多いようです。

★朝食→甘酒
★昼食→普通に食事
★夕食→普通に食事


要するに、朝だけ置き換えて、
あとはふつうの食事をする、というパターンです。

甘酒ダイエットの王道スタイルです。


朝に飲むのはイヤというのなら、
朝にこだわる必要はありません。

昼や夕食に置き換えてもオーケーです。

ただ、一食置き換えでダイエットするとき、
ダイエットをやめたあとのリバウンドで
変化してしまうおそれがあります。

置き換えダイエットをしたあとは、
リバウンドに注意しながら様子をみつつ、
ソフトランディングするようにしましょう。


どうしても置き換えが難しいようなら、
朝食のメニューに甘酒をプラスする、
というのでも良いでしょう。

便秘に効くし、朝飲むと
腹持ちがいいので、間食も自然と減らせます。

自分にとって続けやすいスケジュールで、
甘酒ダイエットを始めてみてはいかがでしょうか。

甘酒ダイエットで使う甘酒の選び方

甘酒にはデトックス効果、
ダイエット効果が高いという特徴があります。

食物繊維とオリゴ糖を豊富に含み、
ビタミンもいろいろと含んでいます。

毎日飲むことで、お通じが改善されて、
体が浄化されていきます。

そして、太りにくくヤセやすい体質になることができます。


甘酒ダイエットをするときに、
気を付けたいのが甘酒の選び方です。

甘酒には、酒粕からつくられるもの、
米こうじからつくられるものの2種類があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。


★酒粕でつくられた甘酒の特徴

一般的なのは、酒粕を使った甘酒のほうかもしれません。

しかし、酒粕による甘酒は、
甘酒ダイエットには向いていません。

酒粕からつくられるときは、
大量の砂糖を使っています。

この砂糖は、言うまでもなくカロリーが
含まれていますから、太るもとになってしまいます。

甘酒ダイエットをしよう! と思い立ったら、
酒粕入りでない甘酒を使うようにしましょう。


酒粕は、アルコールも含んでいます。

だから、お酒が苦手な人には
飲みにくい飲み物かもしれません。

作り方自体は、とても簡単です。

市販されている甘酒の多くは、
酒粕から作られていたりするので、
買う前には原材料をチェックすることを
忘れないようにしましょう。


★米こうじからつくられた甘酒の特徴

甘酒ダイエットに向いているのはこちらです。

米こうじからつくられた甘酒を、
ダイエットに使いましょう。

米こうじの甘酒の甘さは、
砂糖でつくられたものではありません。

米本来が持っている甘さを利用しています。

酒粕からつくられた甘酒の場合、
酒粕をお湯で溶かして砂糖を入れて作ります。

しかし米こうじから作るときは、
発酵させて、手間暇をかけてつくられています。

栄養も変わってきます。

米こうじから作られた甘酒で、
ダイエットするようにしましょう。


甘酒ダイエットに使う甘酒は、
買ってくる以外に自分でつくることが可能です。

自分で調整してつくることができる、
というのが自作するときの一番のメリットでしょう。

たとえば、市販のものを使うと
大量の砂糖が使われている酒粕からつくる甘酒も、
自分でつくるときに砂糖の量を減らしてつくれば、問題なくなります。

酒粕入り、砂糖少なめ甘酒なら、
ダイエットに役立てられます。


最近では、玄米を使った甘酒も人気が高いです。

玄米は、健康的な食材として知られていますね。

玄米を使って甘酒をつくれば、
甘酒の良さと、玄米の良さを
いっぺんに味わうことができます。


甘酒を使ってダイエットをするときには、
ただ甘いだけの甘酒を買ってきて、
飲むだけでは効果は期待できない、ということですね。

米こうじからつくられた甘酒を使うか、
自分で砂糖の量を調整して、
酒粕からつくるかのどちらかの方法で、
つくるのがおすすめです。

ただ甘酒だけを飲むのでは飽きてしまうので、
フルーツや野菜を入れたり、豆乳で割ったりして、
アレンジを楽しむと良いですね。