コラム (4) - モテル女性になる為の恋愛テクニック!

目力二重まぶた術 ⇒ 簡単に二重まぶたを定着させる方法
男性の気持ちを動かす ⇒ 魔法の恋愛メール術!
彼に見えない鎖をかける ⇒ 女の子のセックステクニック

【デリケートゾーン】臭い&黒ずみの元を洗い流すにはジャムウ石鹸



ジャムウ・ハーバルソープはジャムウハーブで作られた全く新しいタイプの石けんです。
女性のデリケートな部分(乳首、乳輪、脇の下、Vライン、デリケートゾーン)など
気になる部分に泡を3分つけて泡パック。
気になる黒ずみや臭いのもとをジャムウがさっぱりと洗い流します。
⇒黒ずみ・臭いのケア石鹸 詳細・購入はこちら

非モテ女子と愛され女子「化粧の違い」

多くの女性は、なんらかの化粧をしているでしょう。
その理由は、お肌の手入れだったり、
自分を魅力的にみせたかったりなど、さまざまです。

■愛され女子とは

愛され女子とは、恋愛経験が豊富、自分のチャームポイントがどこかわかっている、
社交的、気配り・気遣いができる、普段から美容には気をつかっている、
という項目にあてはまる女子を、そう定義しています。

そして、これらの項目に多く該当すると回答した上位100人の愛され女子と、
該当する項目が少なかった下位100人を非モテ女子として、比較がおこなわれたんです。



■愛され女子度が高いひとほど力をいれているメイクはアイメイク

その結果、愛され女子度が高いひとほどアイメイクに力をいれており、
そのなかでもアイシャドウに力を入れていることがあきらかになったんです。

ちなみに、愛され女子は非モテ女子に比べて、彼氏がいる割合が4倍以上高かったのだとか。



■愛され女子のメイク

愛され女子のすごいところは、
男性に会うときと女性に会うときとでメイクを使い分けているところ。
会うひとによってメイクを変えるって、それだけでも女子力高いって感じがしますよね。

そんな愛され女子が力を入れるアイシャドウ。
でも、アイシャドウって色選びに悩みますよね。

愛され女子に人気なのは、ブラウン系。
その理由は、ナチュラルに見える、肌なじみがいい、
どのようなシーン・ファッションにも合わせやすい、自分に似合うといったもの。
きちんとブラウンのよさをわかったうえで選んでいるようです。

じつは、ブラウン系のアイシャドウは、非モテ女子にも人気の色。
ですが、非モテ女子たちが選んでいる理由は、当たり外れがなく無難だからといったもの。

きっと、非モテ女子たちは、自分にどんな色のアイシャドウが合うかわからず、
またいつもと同じアイシャドウを使ってしまっているんでしょうね。



いかがですか。

アイメイクに力を入れるから、愛され女子になれるわけではありません。
ですが、愛され女子か非モテ女子かが、化粧に対する姿勢にあらわれているんでしょうね。

ちなみに、愛され女子たちは、男性に会うときはナチュラルな化粧、
女性に会うときは華やかな化粧と使い分けているのだとか。

「私、非モテかも」とおもったら、まずはこの化粧の使い分けからはじめてみませんか?

引用:http://beauty.yahoo.co.jp/love/articles/263040





男がどんどん逃げていく「ブス用語」3つ

「彼氏欲しいな」と思いつつ長らく恋愛から遠ざかっていると、
「ひょっとして私は愛される価値のない女なのでは?」と不安になりますよね。

でも、そんなふうにネガティブ思考にとらわれてはますます悪循環。
卑屈さが言動ににじみ出ると男性から見て近寄りがたい女になってしまいます。

たとえば、あなたには以下のような口癖がありませんか?

■1:「すみません」

よくいますよね。人から親切にされたり助けてもらったりしたときに、
「ありがとう」よりも「すみません」を言っちゃう人。

「自分なんかが人様に手間をかけさせちゃいけない」という自信のなさの現われかもしれません。
でも、人から何かしてもらったときには謝罪よりもまずはお礼ですよね。

また、謝罪するシチュエーションでも、
できるだけ「すみません」を「ありがとう」に言い換えてみましょう。
たとえば、「お待たせしてすみません」のかわりに「待っていてくれてありがとう」。

人から感謝されると気分がいいもの。
「ありがとう」を言葉に出して、居心地のいい女性になりましょう。



■2:「大丈夫です」

男性の厚意や気遣いを「大丈夫です」とはねつけていませんか?

ついついひとりで頑張っちゃう人は要注意。男性は女性の前では格好をつけたいのに、「大丈夫です」と言われると「余計なことしたかな」と落ち込んじゃうのだそうです。

「これくらいひとりでできる」と思っても、男性の親切には素直に甘えましょう。
そしてニッコリ笑顔で「ありがとう」。
そうすると、男性はますますあなたに優しくしたいと思うようになるでしょう。



■3:「いえいえ、そんなことないですよ」

褒められると条件反射的に「そんなことない」と否定していませんか? 
自己評価が下がりまくっていると褒め言葉がむずがゆく聞こえますが、
ここもやっぱり「ありがとう」とお礼を言うのが正解。

お世辞だと思っても「褒め上手ですね」と返して相手の言葉を受け入れましょう。
「そんなことない」というのは謙虚というより“かわいげない”ふうに聞こえてしまいますよ。

「げっ……毎日言ってた!?」という人も多いかもしれませんね。
これら3つのブス用語は口をついて出やすいものですが、
ぜひ「ありがとう」に言い換えて愛され上手を目指しましょう。

引用:http://beauty.yahoo.co.jp/love/articles/263498




「男性にしちゃダメ」なNGあれこれ3つ

男性と交遊していて、いきなりよくわからないポイントで怒られたことってありませんか?
 結構、気を使って接していたはずなのに、なぜか機嫌を損ねる男性たち。

理由は?

実は、女性と男性は「コレをやっちゃダメだろう」と考えていること、
つまりNGの境界線が微妙に違うようなのです。

■1:内緒だよ……はNG

女性は、内緒ごとを共有することで仲良くなることもありますよね。
ところが、男性にはそのコミュニケーションは通用しない模様。

「女とは違うから注意!“実はオトコに言っちゃダメ”NGワード4つ」によれば、
「内緒」というのは男性に言うと怒らせてしまうNGワードなんだとか。

「内緒って、言われていることを言うんじゃねーよ」だなんて怒ってしまうようです。
「そのくらいあなたを信用しているの……」なんて言い訳は通用しないようなのでご注意を。



■2:デート写真のアップもNG

「集合写真もNG!? “彼氏が全力で嫌がる”あなたのSNS投稿4つ」によれば、
男性は二人だけのデートの写真をアップされるのも嫌がるそう。

なんでも、二人だけでいるときの顔と、みんなに見せる顔が違うからだとか。

これはどうですかねー。あまりデート写真のアップを拒否られると、
「見られたくない相手でもいるのー!?」とこっちも勘ぐりますよね。

相手がNGだと思うからって、「それをNGと思うのって……NGじゃない!?」
という女性側の気持ちがあるなら、そこはちゃんと伝えたいですよね。



■3:うなじの毛はNG

「えっ…うなじの毛は剃るべき?NGだと考える男性がなんと●割も」では、
男性がNGだと思う女性のムダ毛の境界線が明らかに。

おっとぅ。うなじの毛、ですと? 結構、細かいところまで見てますね、男性は。
結構うず巻いてしまっている女性も多い箇所だと思います。気をつけましょう。



いかがでしたか。男性が考えているいろいろなNG。

女性にとってはビックリなものもありますよね。

参考にしながらも、「それはどうかなー?」というのも伝えあいたいですよね。

引用:http://www.men-joy.jp/archives/194681